常勤の看護師求人

常勤の看護師の求人は、常時出ている状態になっています。慢性的な看護師不足が伝えられていますが、毎年一定数の有資格者が生まれており、実際の数が足りていないというには疑問が残る状況ではあります。合わせて、実際には必要定数の看護師をきちんと確保している病院や医療施設もあり、看護師不足を作りだしているのは看護師を雇う側の病院の体制にあるように感じてしまいます。待遇面の差や、給与、勤務形態の違いなどにより、勤務したいと思える病院であるか、または施設であるかが問われています。病院や施設の側に、人材確保の工夫が真に求められています。

看護師専門の転職サイトにより登録件数には差があれど、1万件を超える求人件数のサイトもあります。ここで気になるのは、求人を出している常勤看護師の条件に、夜勤を含む場合3交代制よりも2交代制が多く感じるという点です。看護師自身の体力や精神的な負担を考えると、常勤で勤める場合は3交代制を導入している病院、または施設が人気なのではないでしょうか。常勤の看護師自身が体調を崩してしまっては、勤務に支障が出てしまいます。そういった面も含めて、看護師が働きやすい環境作りに対して前向きな病院が看護師に好まれるようです。例えば、育児中の看護師の復職は子どもを安心して預けられる場所が必要になります。24時間の院内保育があるような病院などでは、目立った求人があまりない状態のようです。休職、または転職を考えている看護師の目に止まり、選んでもらえる病院であるかどうかを再度病院側が認識を改め、看護師が働きたいと思える環境作りが一定数確保のカギと言えますね。このような記述もあります。

就職している看護師の数は全国で約49万3000人(男性は1万1000人)、准看護師は約34万人(男性は1万4000人)います。毎年、新たに看護師資格を得る人が多い半面、退職者も多く、有資格者の就業率は50パーセントとなっています。ハードな仕事だけに家事、育児との両立がむずかしい面もあるからだと思われます。なお高度化した現在の医療に対応するため、保健師、助産師と合わせて看護師制度を一本化しようとする動きもあります。

出典 実業之日本車 中学生のための仕事発見ガイドより

上記の内容から、有資格者の半数が資格を眠らせていることになります。看護師は不足しているわけではなく、看護師不足を起こしている病院側がまず何が必要なのか気づく必要があることが伺えます。出典を参考に、常勤の看護師が働きやすい環境の求人を見つけることで、勤務しやすい場所は必ず見つかるものと考えます。たくさんある常勤の求人をどの条件で精査して選ぶかは求人を探す看護師自身が考えましょう。紹介した以外にもたくさんのサイトがありますので、求人の登録件数の多いサイト、条件の詳細が揃っているサイトを見つけてみて、希望の就職に近づけるようにしましょう。



Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.