面接の際の言葉選び

看護師は安定した求人素があるため、比較的就職活動がしやすく、面接でも受かりやすい職場であると言われています。有資格者しか採用試験を受けられないこと、看護師不足が言われ始め、どの病院も看護師の一定数確保に前向きというのが受かりやすい理由ではないかと考えられます。とは言え、履歴書を出せば即採用、というわけではなく、面接は必ず用意されており、ある程度の質問には答えられるようにしておかなければなりません。よくある質問などの答えは事前に準備しておき、投げかけられた質問には的確に答えられるようにしておくといいでしょう。看護師の面接によくある質問はネットなどでも探せますので、検索してみるといいでしょう。例として、このような質問があります。

Q.この病院にした理由
Q.この病院で何をやっていきたいか
Q.なぜ転職しようと思ったか
Q.前院を退職した理由
Q.自分の看護観
Q.今までどんな技術や仕事を経験したか
Q.心に残っている患者様とのエピソード

出典 看護CUBE 看護師の面接時の代表的な質問と答え方・質問していいこと悪いことより 抜粋

こちらのサイトでは、代表的なよくある質問として7つの項目が挙げられています。聞かれそうだなと感じる質問が多いでしょうし、すでに転職を経験したことのある方は覚えのある質問があるかもしれません。新人の採用面接用の質問だけでなく、転職する看護師に向けた質問も含まれていますが、おおむね答えることが出来るように準備しておけるように履歴書の用意と合わせてまとめておきましょう。特に、自分の看護観は大切ですね。ここに載せた例以外の質問ももちろんありますので、他に聞かれそうなことを予測して、答えを準備しておく必要もあるでしょう。では、こちらから質問していいこと、悪いことにも触れておきましょう。

積極的に質問した方がいい内容

・入職したら自分がどんなことに携われるのか
・病院がどういう取り組みをしているのか
・どういう処置や治療をしているのか

質問しない方がいい内容

・給与や待遇などの条件に関すること

出典 看護CUBE 看護師の面接時の代表的な質問と答え方・質問していいこと悪いことより 抜粋

質問しない方がいい内容については、判断基準が難しいと思います。質問した方がいい内容に「病院がどういう取り組みをしているのか」という部分の条件に関してのことを含まない方がよい、という捉え方をする方がよいことになります。病院の取り組み=福利厚生と考えてしまいがちですので、注意したいところですね。上記を参考に、これから面接に対する傾向と対策を練っておくと当日無理なく質問に応えることが出来るのではないでしょうか。いま看護学生の方は、先輩などから過去に出た面接の質問内容などを聞けるタイミングがあれば、教えてもらうといいのではないでしょうか。ある程度キャリアもあり、転職を希望している方は、より前向きな答えを希望されることは間違いありません。言葉を選び、より現在在籍している他のスタッフと距離が縮められるような答えが用意出来ればベストですね。看護学生のみなさんも、キャリアのある看護師の方も、丁寧な言葉選びを心がけましょう。



Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.