短時間の労働を考える

看護師という仕事がハードということや、一度職を辞めた人などは、短時間で働くことを望む場合が多いです。短時間働くということにすれば、他のことをしながら長く勤めることができます。
長時間働くということを当然のようにしていたら、心身ともに調子を崩してしまうということもあるかもしれません。まずは短時間から始めてみて、それでも大丈夫ならもう少し時間を伸ばすというようにして、様子をみていくというのも良いでしょう。少しでも体に違和感を感じたら、とりあえず相談してみることが大切です。
その日によって何が起こるか分からないということもありますが、ある程度仕事の流れのようなものが見えてくれば、短時間では無くても、働くことが可能になるはずです。
医療機関側としては、長い時間働いてくれる看護師しか採用できないというような場合もあるかもしれません。
しかし看護師が不足しているのが現状ですから、短時間でも良いので働いてくれるだけありがたいと思い、採用をするケースもあるでしょう。採用をしてもらうことにより、自分のペースでリラックスをして働くことも出来るかもしれません。
心身の調子を崩しそうになりながら働くということは、あまり長く続くことではありません。結果として大きなミスにつながることもあるでしょう。そういうことにならないためには、最初から短時間で働くという選択肢を選んだ方が良いかもしれません。
勤務時間を縮めるのは経済的に厳しいということもあるかもしれませんが、一番大切なのは自分自身の健康です。それを踏まえた上で働き方を決める必要があるでしょう。



Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.