看護師として働くかの選択

看護の仕事をするか、どこかの企業に勤めるか悩む時期もあるかもしれません。実際に看護の資格を持っていれば、企業で働くことも可能です。でも看護師として働くことを選ぶか、一般的な職業に就くかと言う事に対して、悩む場合もあるかもしれません。
看護師=大変な職業というように思う人が多いからです。そういう考えを持つ人が増えているため、看護師にならずに企業に普通に勤めるというような人が増えてきています。そのため、看護師不足になってきているということもあるのです。
看護師の資格を持っていても、企業に一般職として勤めている人も多いです。今までは看護師をしていたけれど、あまりにもハードで続かなかったということもあるでしょう。それは実際に勤めてみないと、続けられるかどうかは分からないことです。看護師は売り手が非常に有利な職業なので、そう簡単に手放してしまうのはもったいないものです。どこへ行ってもいくつになっても働ける職というのはそうあるものではありません。看護師の転職が容易であることは、巷の看護師さんの転職回数を調べれば一目瞭然です。それほど、看護師の人材不足は深刻なのです。

自分にとって、これは天職だと思うようなものに出会うことはなかなか難しいことです。すぐに天職だと気がつくこともありますが、しばらく勤めてみて、辛いことも経験した上で看護の仕事が天職だと分かることもあるでしょう。
それを分かる前に、心身の限界を感じて看護の仕事を辞める人も少なくありません。そしてその上で、新しい道を踏み出すケースもあるのです。普通の仕事として働いてみた時に、なんて楽なんだろうと思うこともあるでしょう。
でも逆に、なんだか物足らない、やはり自分には看護の仕事が向いているんだと思うこともあるかもしれません。経験を積んで分かることもあるのです。



Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.